The Fun from FMC


by fujikama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

認めた訳じゃない!


 いつも決めて動いてる動いてる訳じゃない!気付くと走り出している。
 今日も旅人は、走り出していた。

 最近少し暖かくなってきたけど、夜はまだちと寒い。
 でもキャンプツーリングもしたい。
 そんなわけで今回は静岡へレッツゴー。

 陽が昇る前に出発、新東名の藤枝岡部でおりる。
 そこからしばらく国道を走ってから、荷物満載のバイクではちと不安
 になる急斜面を登って薩?峠(さったとうげ)に。

 ここは東名高速と国道1号が交差し、真正面にドーンと鎮座する富士山を
 拝めるんだけど・・・
 この日は先っちょだけしか見えない。
 次はしっかりと晴れた日を見計らって行かねば。


d0035444_17172150.jpg



















  次は五年前に富士山と世界遺産に登録された三保の松原へ。
  天女伝説で有名な羽衣の松がお出迎え。



d0035444_17190034.jpg





















d0035444_17213512.jpg



















  海岸からは富士山も拝める。
  さすが世界遺産、白い波と青い空、緑の松林が富士山を一層引き立てる・・・
  んだけど、工事のオレンジの鉄塔が立ってて残念な風景に。
  ここも日を改めて再訪せないかん。

  さてさて、これくらいの時間になると気温も上がってきて砂浜がポカポカと温かく、
  オーバーパンツでは暑くなってきた。

  小腹が空いてきたから立ち寄らせてもらったお店でちょっと失礼させてもらう



d0035444_17232980.jpg






















d0035444_17233723.jpg




















  お店で頂いたのはおでん。
  これが有名なしぞーかおでんなのかな?
  タネには甘目の味噌といわし節が掛かってて、地元じゃ味わえない味
  ダシもしっかりと染みてて旨かった。





d0035444_17251448.jpg





















  腹に入れたら体も本格的に温まってきてグネグネ道が恋しくなってきたから
  日本平パークウェイへ。
  ここからもバッチリ富士山が見えるけど、なかなかその裾野まで拝ませてくれない。
  一往復してから清水駅近くの有名なアイス屋でソフトクリームを食べてから北上、山の方へ。





d0035444_17252112.jpg






















d0035444_17272064.jpg






















d0035444_17272540.jpg



















  
  県道27号、渓流沿いの気持ちいい県道189号を走って富士見峠へ。
  ここから見える南アルプスの展望は圧巻、との事で期待しながら行ったんだけど・・・
  んー、なんか想像してたのと違う。
  凄いいい景色なんだけど、ここから見える山々は全部雪を頂いているものとばかり
  思ってたからちと肩透かし、来た時期が悪かったか?
  でも自分の目で見て自分で確かめる、そこで感じる期待以上もガッカリも、
  それも含めて旅の醍醐味なんだと思う。
  それにここも新緑に時期ならもっと壮観に違いない。

  ここからは南アルプス公園線から井川ダムから県道388号に抜ける。
  途中、凄い秘境っぽいところに建物があって思わずパシャリ。




d0035444_17285013.jpg




















  地図で確認すると奥大井湖上駅。
  どう行ってどんな人が利用するんだろう?
  今思えば調べて行ってみれば良かったと後悔。

  国道に抜けたら浜名湖のキャンプ場を目指す。


d0035444_17305008.jpg
























d0035444_17305707.jpg
























d0035444_17310382.jpg




















  今回のキャンプ場は浜名湖に浮かぶような島にある渚園キャンプ場。
  広い芝生のキャンプ場でバイクは駐車場代無料で一泊420円と激安価格!
  有料でここまで安いのは初めてだ。

  設営したら恒例の湧水汲みで今回は出水観音の湧水。
  着いた場所は神秘的な雰囲気で水も綺麗。
  ここの水は、眼病に効くと伝えられているそうだけど・・・
  汲める場所が見当たらない。沸かせばイケるか?

  買い物してキャンプ場に戻るとすっかり日も落ちてしまっていた。
  海に沈む夕日を拝みたかったけど、仕方ない。





d0035444_17334567.jpg





















d0035444_17334563.jpg






















d0035444_17334684.jpg





















d0035444_17334642.jpg























d0035444_17334526.jpg





















  今回の夕食は磐田で買っておいた豚足が入ったおもろカレーと
  浜名湖もちぶたを、翌日匂いの残らないハイブリットガーリック
  とやらでそのまま焼く。豚足はプルプルでコラーゲンたっぷり、
  ソテーは我ながら上手く焼けたと思う。

  この後は浜名湖周りをナイトツーリングと洒落込んでから就寝。
  夜は全く寒くなく、快適に寝ることができた。



  翌朝

  テントの中が全然ニンニク臭くない!ハイブリッドすげー!
  テントを抜け出てみるとなんか嫌な天気、予報を見る限りだと
  午前中は持つと踏んでるんだけど・・・

  とりあえず地元牛乳淹れたココアと買っておいたパンで朝ごはん。




d0035444_17334584.jpg






















d0035444_17334535.jpg






















d0035444_17334651.jpg





















d0035444_17334685.jpg



















  
  一息ついたら撤収、午前は山の中を走るつもりで北上・・・するも
  途中でついに降られる。
  給油とカッパ着るために避難したGSで今後を考える。





d0035444_17393942.jpg





















  荷物満載のバイクで濡れた山道を走る気にはならないから山に行くのは辞めることに。
  昼にウナギ食って帰ろうと思ってたから、そうなると時間がずいぶん空いてしまう。
  GSの休憩室でグーグルマップに登録しておいた行きたい場所リストを見てると、
  掛川に有名なお茶屋があったからそこに行ってみることに。






d0035444_17422968.jpg
























d0035444_17424248.jpg




















  掛川方面はまだ降ってないみたいで、浜松以上に降られることなく茶菓きみくらに到着。
  ここは一階がお茶の老舗丸山製茶の直売店で二階がカフェになっていてお茶とお菓子が頂ける。
  お茶とそれを引き立てるお菓子をと思ってたんだけど、注文してしまったのはいちごパフェ。
  寒蜜いちごとか極上とか数量限定とか煽りが凄いから仕方ない。





d0035444_17424726.jpg




















  まずはお茶。さすがお茶屋が淹れたお茶は美味い。
  そしていちごパフェ。いちごは甘いし途中のスポンジや抹茶ゼリー、
  底のいちごゼリーはそれ単品でも充分。そして抹茶練乳がそれらを絶妙に引き立てる。
  いやー、美味しかった!

  ここからとんぼ返りで浜名湖へ。
  全然降ってねーし。

  時間はお昼時、着いたお店は老舗の鰻屋つるや。
  もう店から漏れ出す香ばしい香りからしてウマい。



d0035444_18362162.jpg




















  いちごパフェやら土産やらで思った以上に軽くなってた財布に
  トドメをさす勢いで二段丼(上)を注文。明日からしばらく節制した生活を送らねば。

  二段丼は丼の下からご飯、蒲焼、ご飯、蒲焼と重なっているもので、何とも贅沢な一品。
  熱々の内に頂きます!



d0035444_18363520.jpg






















d0035444_18364007.jpg




















  慣れ親しんだ関西風とは違い、フワっトロっとした食感で思わず無心で箸を動かしてしまう。
  これはまた足を運ばなければならなくなったぞ。
  腹も心も満たされて帰路に就く。

  帰りはしっかり降られたけど、対策は早々に出来てたから特に問題なし。
  なんか食ってばっかりのツーリングになった気がするけど、それもまたアリかな。
  
  あ、浜松餃子食うの忘れてた!





d0035444_18420086.jpg





















  今回の旅は、少し財布に厳しいツーリングでしたね。

  でもたまにはリッチグルメツーリングもいいものです。

  新星 旅人の見本となるコメントも有難う御座います。














 ・・・・・・・・・・・・・・・・


[PR]
by fujikama | 2018-03-23 18:14 | ソロツーリング情報 | Comments(0)